千五百秋の瑞穂の国

韓国「文在寅」大統領 徴用工問題で日本に解決方法の提示要求年頭記者会見

韓国大統領、徴用工問題で日本に解決方法の提示要求 年頭会見
 
 【ソウル=桜井紀雄】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、年頭の記者会見を行い、日韓関係悪化の根本原因となった、いわゆる徴用工判決について、韓国政府は既に解決に向けた案を示したとした上で、日本も韓国の案に修正意見を出すなど、解決法を提示し、「ともに知恵を集めれば、十分に解決できる余地がある」と述べ、日本の対応を促した。

 日本側は、徴用工問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みであり、判決問題は韓国側が責任を持って解決すべきとの立場で、文氏の認識は両国の溝を改めて浮き彫りにした。

 文氏は、2015年の慰安婦問題をめぐる日韓合意が実質破綻したことを引き合いに「最も重要なのは被害者の同意を得ることだ」と指摘。日本政府もその点を念頭に解決案を準備する必要性を強調した。徴用工訴訟の原告側弁護士らが設立を提案した日韓の学者、政財界関係者による協議会に「韓国政府も参加する意向がある」とも表明した。

 徴用工問題や日本による輸出管理厳格化などを除いて日韓関係は「良好」であり、輸出管理措置が「日本企業にも困難を与え、残念だ」と言及。輸出管理措置など「より簡単に解決できる問題」を両国間の信頼回復に向けて日本がまず早急に解決するよう求めた。

 今夏の東京五輪に韓国政府高官が出席するとの見通しを示したが、文氏が出席するかは明言しなかった。

 家族ぐるみの不正で捜査を受け、世論の分裂を生んだ前法相のチョ・グク被告に対して「検察改革への寄与が非常に大きい」とたたえ、●(=恵の心を日に)被告が「これまで受けた辛苦だけでも心に大きな負い目がある」と擁護した。

 膠着(こうちゃく)状態が続く北朝鮮と米国、南北間の対話については「楽観もできないが、悲観する段階ではない」との認識を示した。

ソース:産経新聞 2020.1.14 13:06
    ttps://www.sankei.com/world/news/200114/wor2001140014-n1.html

ソウル東部地裁 チョ・グク前法相の逮捕状請求を棄却

韓国前法相の逮捕状請求を棄却 職権乱用容疑

 【ソウル=名村隆寛】韓国大統領府の民情首席室特別監察班が2017年に柳在洙(ユ・ジェス)前釜山市副市長の汚職についての監察を上層部の指示で打ち切った疑惑をめぐり、ソウル東部地裁は26日から当時の民情首席秘書官、チョ・グク前法相への逮捕状発付に関する審査を行った。聯合ニュースによると、同地裁は27日未明、請求を棄却した。

 審査にはチョ氏も出席。裁判所に現れたチョ氏はメディアに対し、検察の令状請求内容には「同意できない」と述べ容疑を否認し、「詳細に話す」と語っていた。

 柳前副市長は15〜16年に業者から金品を受け取り便宜を図った収賄罪などで先月、逮捕され、今月13日に起訴された。

 検察は監察打ち切りの「下命疑惑」で今月、チョ氏から2回にわたり事情聴取。23日に職権乱用容疑で逮捕状を請求した。

ソース:産経新聞 2019.12.27 01:19
    ttps://www.sankei.com/world/news/191227/wor1912270001-n1.html

名古屋地裁 マイナンバー訴訟 原告側の請求を棄却「正当な行政目的の範囲を超え、個人情報が利用される危険があるとは言えない」

マイナンバー訴訟住民敗訴 名古屋地裁、請求を棄却

 マイナンバー制度はプライバシー権を侵害し違憲だとして、岐阜、愛知、三重の住民20人が個人番号の利用の差し止めや慰謝料計220万円の支払いを国に求めた訴訟の判決で、名古屋地裁(桃崎剛裁判長)は27日、請求を棄却した。

 マイナンバー制度は行政の効率化を目的に平成28年1月に始まり、社会保障や税など活用の分野を広げている。全国8地裁に同種の訴訟が起こされており、判決は住民側の請求を棄却した今年9月の横浜地裁に続き2件目。

 桃崎裁判長は判決理由で、制度に法制度上やシステム上の不備はないとした上で「正当な行政目的の範囲を超え、個人情報が利用される危険があるとは言えない」と指摘した。

 原告側は「本人の同意を得ない個人情報の収集や利用は憲法13条が保障するプライバシー権を侵害する」と主張。制度開始後、数多くの漏えいも発生しており、安全対策が不十分だと指摘した。

ソース:産経新聞 2019.12.27 14:21
    ttps://www.sankei.com/affairs/news/191227/afr1912270016-n1.html

韓国軍が不法占拠する竹島の防衛訓練を実施 実働部隊なし

韓国軍が竹島の防衛訓練を実施、実働部隊なし

 【ソウル=桜井紀雄】韓国軍は27日、韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)の防衛を想定した訓練を実施した。聯合ニュースなどが報じた。気象状況が悪く、例年の実動部隊が参加したものではなく、コンピューターシミュレーションによる指揮所訓練が行われたという。

 日韓首脳会談が24日に行われたこともあり、規模を縮小したとの見方もある。

 訓練は半年ごとに行われ、今年8月には、規模を例年の約2倍に拡大させた訓練を実施。日本による輸出管理厳格化への反発が影響したとされる。

ソース:産経新聞 2019.12.27 14:23
    ttps://www.sankei.com/world/news/191227/wor1912270011-n1.html

枝野幸男氏「私が何かコメントすべき問題だと思っていない」石垣のり子参院議員の大学教授へのレイシズム・ファシズム発信

枝野氏「コメントすべきでない」 大学教授へのレイシズム発信

 立憲民主党の枝野幸男代表は26日の記者会見で、同党の石垣のり子参院議員から「レイシズムとファシズムに加担するような人物」とツイッターで発信された嘉悦大の高橋洋一教授から「党代表としての見解」を求められていたことに関し、「私が何かコメントすべき問題だと思っていない」と述べた。

 石垣氏は11月28日、れいわ新選組の山本太郎代表らが共催する「消費税減税研究会」の講師に高橋氏が招かれたことに反発し、その理由をツイッターで発信した。

 高橋氏は直後にツイッターで石垣氏に「私がレイシズムとファシズムということですが、何を根拠とされているのでしょうか教えていただけますか」と質問。しかし、回答がなかったことから、枝野氏に対し「貴党所属の石垣のりこ参院議員はツイッターで私をファシスト、レイシスト呼ばわりしています。貴党代表としての見解を教えてください」と書き込んでいた。

ソース:産経新聞 2019.12.26 16:10
    ttps://www.sankei.com/politics/news/191226/plt1912260013-n1.html